ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

ポイントサイトの安全性を調べる方法

このサイトでおすすめしているポイントサイトは、
一般的にも安全とされているものばかりですし、
わたし自身が安全性を確認しています。

そのため、普通にお小遣い稼ぎをする場合、
おすすめサイトだけで十分なのですが、

  • 「利用したい案件がない」
  • 「他のサイトのほうがポイントが高い」

などの理由で、おすすめサイト以外のポイントサイトを
利用したくなることもあると思います。

そこで、他のポイントサイトを利用する上で、
そのサイトの安全性を測る方法を紹介します。

ポイントサイトの安全性を完全に測定することは不可能ですが、
詐欺サイトにひっかかることは避けられるでしょう。

信用度の高い運営企業が運営している

  • 有名企業・大企業が運営しているサイトは比較的安全。
  • 運営企業が上場しているサイトは客観的に安全性を判断できる。
  • 資本金の額は、あまり当てにならない。

ポイントサイトを運営しているのは企業ですから、
『信頼のおける企業が運営しているポイントサイトは安全性が高い』
といえるでしょう。

ただ、残念なことに、
いちユーザーが運営企業の安全性や信用度を
測ることは簡単ではありません。

そのため、実際には次のような手法で判断することになります。

有名企業・大企業が運営している

誰でも聞いたことのある企業は、
たいてい大企業で、信頼できることが多いでしょう。

そのため、有名企業が運営している、
または関わっているポイントサイトの安全性は高い

といえます。

NTT のグループ企業が運営している Potora が好例です。

ただし、安全性が高いからといって、
獲得ポイント数も高いとは限らないので注意が必要です。

現に、Potora は別におすすめできるサイトではありません。

運営企業が上場している

上にも少し書きましたが、
いち個人がポイントサイトの運営会社の安全性を測ることは
実質不可能です。

安全性を判断するためには、
その会社の内部の情報を知らなくてはいけませんが、
普通の会社は内部情報を隠したがるからです。

ところが、証券取引所に上場している会社は事情が変わってきます。

株式公開している会社は、
四半期に一度、決算情報を開示する義務があるため、
ある程度の内部情報を誰でも確認することができるからです。

決算情報があれば会社の安全性を客観的に判断することが可能ですし、
上場のときに安全性確認の審査を通っているはずですから、
安全性が高いといえるのです。

げん玉 モッピー
運営会社が上場しているポイントサイトです。

会社概要の資本金は参考にならない

ほとんどのポイントサイトでは
運営会社の会社概要のページを用意してありますが、
会社名・役員名・所在地・資本金などしか書かれていないため、
安全性や信用度の判断にはほとんど使えません。

「資本金の多い会社は安全だ」
と考えている人も中にはいるようですが、
実は、あまり当てにならない情報だったりします。

というのも、資本金というのは
会社の設立時に株主から出資してもらった
過去の金額だからです。

資本金を使ったとしても、
表記されている資本金の額は基本的に変わりません。

ということは、『資本金が 1 億円』と表記してあったとしても、
資本金の全額が残っていることはまずありませんし、
実は全額を使い切った上に絶賛赤字中という可能性さえあります。

しかし、設立時に出資された金額は
確かに 1 億円だった
わけですから、
表記は正しいのです。

資本金の情報が全く参考にならないとまでは言いませんが、
「資本金が多いから安全だ」
と判断することはできないでしょう。

運営実績が長い

  • 長く運営しているサイトは安全性が高い。
  • 新しいサイトの安全性は確認しにくいため、リスクが高い。

    • 友達紹介で大きく稼げる可能性は比較的高い。
    • リスクを理解した上で、試してみる価値はある。

基本的には、
運営の期間が長いサイトは安全性が高い傾向がある
と思います。

当然の話として、ある程度の利益を出せていないと
長期間の運営を続けられない
わけですから、
長い運営実績のあるサイトは安全である可能性が高い
といえるでしょう。

また詐欺的なサイトの場合、
ある程度の金額をだまし取ったら足が付く前に
さっさと夜逃げすることが多いので、

詐欺サイトを選別する上でも運営実績は役に立ちます。

新しいサイトが怪しいというわけではない

運営実績の長いサイトは比較的安全だと書きましたが、
だからといって
新しく登場したサイトが全て怪しいとはいえません。

安全性を測るための情報が不足している状態ですから、
なんとも言えないのです。

当然、閉鎖や詐欺リスクはありますが、
一方で、新しいサイトは会員数が少ないため、
お友達紹介で稼ぎやすいという利点もあります。

リスクを理解した上で、
あえて新規サイトの紹介活動をするという方法もありでしょう。

危険はあるが、うまくいけば大きく稼げるかもしれない。
ギャンブルのようなものでしょうか。

最低換金額が低い

安全性を測るというよりは、
危険性を測るといったほうがいいかもしれませんが、
最低換金額が高めに設定されているサイトは
疑ったほうがいいでしょう。

運営側としては様々な理由により、
最低換金額を高めに設定したくなるはずなのですが、
最近はユーザーの便宜を図り、
500 円以下から換金・交換できるサイトが増えています。

ユーザー視点では、
最低換金額は低いほど有利ですからね。

となると、最低換金額が 1,000 円を超えるようなサイトは、
ちょっと疑った方がいいかもしれません。

それだけで怪しいと断言はできませんが、
少なくとも、
利用者のことをあまり考えていないわけですからね。

サイトの見た目が怪しくない

ちょっと感覚的で分かりにくい話ですが、
ページの見た目が怪しいサイトは、
怪しい運営である可能性が高い

と思っています。

妙に素人っぽいデザインなんかが、それです。

普通の運営なら、
サイトのデザインや設計をプロの人にお願いするわけですが、
怪しいポイントサイトは予算がなく、
「短期間だけ騙せればいい」と考えていることも多いため、
素人がデザインしているケースが少なくないはず。

自分の直感で「なんか怪しいぞ」と感じた場合には、
会員登録する前に、
ネットでの評判などを検索してみるといいでしょう。

ネット上に悪評が少ない

ネット上に多くの悪評がないことを確認する方法です。

なんだかんだいって、
これが一番簡単で確実性の高い方法かもしれません。

いまは多くの人がブログや Twitter などで
情報発信していますから、
悪質なポイントサイトがあったら、
すぐに情報が拡散し、炎上します。

そのため、『サイト名 詐欺』などで検索すると、
そのサイトの安全性がだいだい分かります。

ヒットした記事が 1, 2 件であれば問題ないと思いますが、
大量にヒットした場合には怪しいと思ったほうがいいでしょう。

安全なサイトに悪評があることも

このサイトでおすすめしていて、
一般的にも安全だとされているポイントサイトでも、
「○○は詐欺サイトだ」のような批判記事が見つかることがあります。

ただ、中身を読んでみると、
根拠や証拠もなく
単に誹謗中傷を書き連ねているだけの場合が多い
ので、
そういう記事は無視していいでしょう。

たぶん、利用した案件が記帳されなかったり
否認されたことを逆恨みしているとかでしょうから。

      2016/07/08

 - ポイントサイト

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。