ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

ライフメディア

ライフメディアは、富士通グループから独立した会社で、以前は iMi ネットと呼ばれていました。アンケートモニターとして稼ぐのが基本ですが、ポイントサイトのような使い方もできる、ちょっとユニークなサイトです。

ライフメディアのデータ

サイト名 ライフメディア
運営者 株式会社ライフメディア
換金レート 1pt → 1
最低換金ライン 500 pts
交換先 銀行振込・Amazon/iTunes ギフト券・図書カード
年齢制限 12 歳以上
ポイント有効期限 2 年間(延長可能)
ダウンライン 2-Tier 固定 100 pts
推奨ブラウザ IE 9+, Fx, GC, Safaci 5.1+, Android 標準
メールフィルタ 送信者に imi.ne.jp が含まれる。

富士通グループから独立

ライフメディアは、1996 年に富士通が開始したサービスで、以前は iMi ネットと呼ばれていました。現在は富士通から独立していますが、富士通の子会社であるニフティ株式会社のグループ企業になっています。

大企業が関わっているリサーチ会社ですから、信頼性が高いという特徴があります。

プラスリサーチに登録するとお得

  • プラスリサーチ → 別リサーチ会社に委託したアンケート
  • ポイントはライフメディアでもらえる。
  • アンケートの数が増えるので登録することをおすすめ。

ライフメディアにモニター登録すると、ライフメディアからアンケートの依頼メールが届くようになります。それだけでも結構な数の依頼があるのですが、プラスリサーチと呼ばれるサービスに追加登録することで、さらに多くのアンケートに答えることができます。

プラスリサーチは、他のリサーチ会社のシステムを使ってアンケート回答する仕組みで、ポイントはライフメディアで受け取ることができます。現在、GMO リサーチボーダーズの 2 社に登録することができるため、実質 2 社のリサーチ会社に追加登録したような形になります。

アンケートの数が増えるので、両社ともに登録しておきましょう。

ポイントサイトとしても使える

  • ポイントサイトのように、案件利用やゲームでポイント獲得もできる。
  • ただし、案件利用は本当のポイントサイトでしたほうがいい。

ライフメディアはアンケート回答で稼ぐ方法が基本ですが、実はポイントサイトのように案件利用やゲームでポイントを貯めることも可能です。そのため、アンケートで貯めたポイントが換金額まで少したりないという場合に、適当な無料案件をこなしてポイントを換金するという使い方もできます。

ただし、獲得したポイントにダウン報酬は発生しないので、案件利用は本当のポイントサイトで行った方が効率的です。ポイントサイトの機能は、あくまでオマケとして考えたほうがいいでしょう。

プライバシーマーク取得

ライフメディアでは、SSL による通信経路の暗号化のような基本的なセキュリティのほか、プライバシーマークを取得しています。プライバシーマークとは、個人情報に対する正しい運用をしている企業に発行されるマークであり、専門の審査期間が審査・認証する制度です。

そのため、個人情報の取扱いに関する安全性は高いといえるでしょう。

手数料無料で換金できる

  • Amazon/iTunes ギフト券への交換

    • 20pts の手数料がかかる。
  • 銀行振込で現金化

    • 手数料無料
    • 指定された銀行口座でしか受け取れない。
    • 楽天銀行がおすすめ

ライフメディアでは、アンケートや案件利用で獲得したポイントを、銀行振込・Amazon/iTunes ギフト券・図書カードと交換することができます。

ギフト券と交換する場合には 20pts の手数料がかかってしまうので、特別な理由がないかぎり、手数料無料の銀行振込で現金化したほうがお得です。

下記の指定された銀行の口座でしか受け取れないため、口座を持っていない人は事前に開設しておくといいでしょう。おすすめは、楽天銀行です。

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行

      2015/01/05

 - サイト紹介

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。