ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

株主優待で稼ぐ

近年、株主優待についてテレビや雑誌で取り上げられることが多くなってきたので、どういうものか知っている人は多いと思います。ただ、実際に株を買い、優待品をもらっている人は少ないと思うので、仕組みや手順について解説してみます。

うまくやれば、ほとんどリスクなく優待品のみを獲得することができるので、ネットでのお小遣い稼ぎと言えるでしょう。

株主優待とは

株とは何か?

  • 株 → 株式会社のオーナー権のようなもの
  • 株には価値がある → 株価
  • 株価の値上がりを狙い、売買する人がたくさんいる。

株を持っている人はあまりいないかもしれませんが、ニュースなどでよく聞くため、言葉だけは知っている人が多いと思います。

株とは簡単にいうと、株式会社のオーナー権を細かく分割したようなものです。ですから、株を持っている人は株主と呼ばれ、その会社の保有者の 1 人になります。

会社には何らかの価値がありますから、そのオーナー権である株にも当然価値があり、それを株価と呼んでいます。そのため、株価の値上がりを狙って、株を売買する人が大勢います。

株をもっていると優待品をもらえる

  • 株主優待を実施している企業としていない企業がある。
  • 実施している企業は 3 割程度

では、どんな株でも株主優待をもらえるかというと、そうではありません。株主優待を実施している企業と、していない企業があるからです。

株を個人に長期間保有してもらいたいと考えてる上場企業は結構あり、優待品をプレゼントすることで、個人株主を増やす狙いがあるようです。

とある調べによると、2012 年時点で株主優待を実施している企業は 3,575 社中 1,060 社だったそうです。30% 近くの企業が実施しているわけですから、かなり多いと言えるでしょう。

どんなものがもらえるのか?

商品券

図書券や QUO カードのような商品券(金券)を優待品としてプレゼントする企業があります。金額は異なりますが、だいだい 500 円から 3,000 円くらいのところが多いと思います。

使い道は広いですし、換金することも簡単なので人気がありますが、商品券を優待品としている企業が少なめなのが残念なところです。

ギフト券・優待券

その企業の直営店でのみ使用できる商品券です。スーパー・デパート・ドラッグストアなどのお店を運営している企業によくあります。また、サービス(カラオケやゴルフ場など)を運営している企業では、無料または格安で利用できる優待券を配布しているところもあります。

そのお店でしか利用できないため、あまり人気がありませんし、換金もしづらいという欠点がありますが、その企業の商品・サービスを利用したい人にとっては、かなりお得になることがあります。

自社製品

その企業が開発・販売している商品を株主優待として配布するタイプです。消費者向けの商品を製造している企業に多く見られます。

特に、食品などは換金しにくいという欠点がありますが、何が贈られるか事前に分からないことが多いため、届くのが楽しみな優待だったりします。

優待獲得は難しくない

株取引は危険では?

  • 値上がり目的ならリスクは高い。
  • 優待目的ならリスクは低い。
  • 裏技を使えばリスクゼロに。

「株は危険だ」というイメージを持っている人は多いと思います。株で大損した人などをテレビや雑誌等で特集することがありますし、もしかすると、身近にいるかもしれません。

たしかに、値上がり目的でする株取引には大きなリスクがありますが、優待目的で取引する分には危険はさほど大きくありません。さらに、別の記事で紹介する裏技を使うことで、リスクを完全にゼロにすることもできます。

株取引は難しい?

  • 優待目的なら取引は難しくない。
  • 口座開設以外は全てブラウザ上から操作可能。
  • スマホがあれば、外からでも取引可能。

株主優待をもらってみたいけど、「株の取引なんか自分にできるのか?」と思っている人は意外と多いと思います。ほとんどの人は株取引をしたことがないと思うので、当然です。わたしも、そうでした。

実を言うと、値上がりで儲けようとすると、とんでもなく難しいのですが、株主優待を獲得するための取引なら、大して難しくありません。

株はモノとして取引されており、スーパーで食料品を買うのと基本的には変わらないからです。違うのは、手数料がかかること、後で売却する必要があること、金額が大きいことくらいでしょう。

口座開設時には書類を郵送する必要がありますが、それ以降は全てブラウザ上から操作できますから、家にいながら取引できます。また、携帯電話やスマホがあるなら、外出先からでも可能です。

1 日持っているだけでいい

  • たった 1 日持っているだけで優待を獲得できる。
  • 株価暴落による大損の可能性が低い。

実は、権利付最終日と呼ばれるたった 1 日だけ株を保有していれば、株主優待を獲得することができます。翌日に売り払ってしまっても大丈夫です。

ずっと株を保有しつづける場合なら金融危機や天災などで株価が急落し、大損する可能性は高くなりますが、たった 1 日だけであれば危険はほとんどないでしょう。

さらに、裏技を使えば、リスクを一切排除することさえ可能です。

株主優待を獲得する手順

証券会社の口座を開設する

現在、日本には 300 社程度の証券会社が存在するようです。どの証券会社からでも株を取引できますし、優待品をもらうことができますが、主に手数料と裏技の点で、おすすめの証券会社を 2 社紹介します。

2 社ともに開設することをおすすめしますが、どちらか 1 つということなら、松井証券をおすすめします。

銘柄を選ぶ

株主優待を実施している企業と優待の内容については Yahoo! ファイナンスで確認することができます。

このサイトでも、毎月おすすめの銘柄を紹介していますから、参考にしてください。

株を購入する

優待をもらいたい銘柄が決まったら、決まった日に決まった数の株を購入します。株価×株数(+手数料)の資金が必要ですから、事前に入金しておきましょう。

株を売却する

権利付最終日の翌日、株を全て売却します。株を売ってしまっても、優待品はちゃんと送られてきます。

優待品が届く

企業によりますが、株を購入してから 1 ~ 3 ヶ月後に株主優待が送られてきます。楽しみに待っていましょう。

      2014/12/22

 - 株主優待

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。