ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

稼げるコンテンツに集中したほうがいい

お小遣い稼ぎをする上での考え方や心構えは人によって異なりますが、その時に一番稼げるコンテンツに集中したほうが稼げる額が増えると個人的には考えています。

ここでは、お小遣い稼ぎに対するわたしの考え方を紹介します。必ずしも、こうしなければいけないわけではないので、参考までに。

稼げるコンテンツとは

たくさんの種類のネット稼ぎがある

ネットでできるお小遣い稼ぎには色々な種類があります。例えば、このサイトでも紹介しているポイントサイトリードメールオートサーフ記事作成案件などは有名ですし、お小遣い稼ぎとしては大げさかもしれませんが、アフィリエイト・株・FX などもあります。

さらにポイントサイトにしても、有名なサイトだけで 10 サイトくらいありますし、無名なものも含めたら、いくつあるのかさえ分からないほどです。

これだけ大量のコンテンツがあると、毎日全てに参加することは到底不可能ですから、参加するコンテンツを取捨選択することになります。

効率の良さと悪さ

このようにお小遣い稼ぎのコンテンツはたくさんありますが、効率の良さでランク付けすることができます。

かかる時間の割に多く稼げるコンテンツは効率のいいコンテンツですし、そうでないコンテンツは効率が悪いといえます。全てのあらゆるコンテンツに参加はできないのですから、効率のいいコンテンツを重点的に攻めるのがいいでしょう。

お小遣い稼ぎの方法

お小遣い稼ぎの方法は、次の 2 つに分けることができます。

  1. まんべんなく、多くの種類のお小遣い稼ぎに参加する。
  2. 稼げるお小遣い稼ぎに集中する。

どちらがいいのでしょうか?

稼げるコンテンツに集中したほうがいい

「稼げるコンテンツに集中したほうがいい」と個人的には思っています。

ネットでお小遣い稼ぎをする一番の目的は、やはりお金を稼ぐことです。当然、少ない時間と手間で、できるだけたくさん稼げたほうがいいわけですから、稼げるコンテンツに集中するのが最適だといえます。

ただ、お小遣い稼ぎには、やればやるほど稼げるタイプと、 1 日に決まった額しか稼げないタイプがあります。

定額タイプなら、いくら集中しても稼げる額は変わりませんから、他のコンテンツも併用することになります。一方、やればやるほど稼げるタイプなら、他のお小遣い稼ぎを無視して、そのコンテンツだけをやり続けるのが効率的です。

稼げた過去のコンテンツ

では、効率のいいコンテンツとは具体的には、どれのことでしょうか?

実は、効率のいいコンテンツは時期(時代?)によって変わります。

例えば、リードメール(サイト名ではなく、お小遣い稼ぎの種類のほう)ですが、数年前は稼げるコンテンツとして有名でした。しかし、いまでは稼げないコンテンツの代表格として、このサイトでは扱っています。

数年前、オートサーフが今よりもっと活況で、たくさんのオートサーフサイトが乱立していました。オートサーフは今でもそこそこ稼げるとはいえ、乱立した多くのサイトは閉鎖し、当時の活気はなくなりました。

いま稼げるコンテンツとは

いまなら記事作成案件がトップクラスに稼げるコンテンツだといえるでしょう。単価や時給を考えると、他のお小遣い稼ぎの数倍~数十倍ほど稼げますし、やればやるほど稼ぎが増えることが大きな魅力です。

ただし、記事作成案件ですら、いつまでも稼げるコンテンツであり続けるかは分かりません。案件のほとんどはサテライトサイト用ですから、Google のアルゴリズムの変化により、将来的に記事作成案件が全く依頼されなくなることも考えられるからです。

そうならなかったとしても、案件の作業をする人が相対的に増えると、記事単価は安くなる傾向があります。実際、数ヶ月前と比較すると、記事単価は 1 ~ 3 割程度、安くなった印象があります。

まとめ

このように、稼げるお小遣い稼ぎは時代によって変化します。

稼げなくなったコンテンツにしがみついているのではなく、いま一番稼げるコンテンツを見つけ、渡り歩いていくことが、ネットでのお小遣い稼ぎとうまく付き合っていく方法ではないかと思っています。

      2014/12/22

 - お小遣い稼ぎの準備

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。