ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

Gmail のアドレス量産機能が使えない場合

  • Gmail のアドレス量産機能が使えないサイトもある。
  • どうやってフィルタリングすればいいのか?
  • 量産アドレスに対応していないサイトの特徴とは?

Gmail のアドレス量産機能を使えば、簡単かつ正確にメールの振り分けができることを別の記事に書きました。

ところが残念なことに、量産したアドレスを登録できないサイトも中にはあります。個人で運用していそうな小さなサイト(オートサーフやリードメールなど)に多い感じです。

ここでは、アドレス量産機能に対応していないサイトからのメールを振り分けする方法について解説します。

前回と同じく、げん玉のメールを差出人アドレスで振り分けることにします。げん玉は量産アドレスを使えるので、こんなことする必要はありませんが、例ということで。

差出人のアドレスを確認する

  • 差出人アドレスを使うと、メールを正確に振り分けられる。
  • メールクライアントから差出人アドレスを確認できる。

    • 差出人アドレスは変わらないから。

フィルタのルールは件名からも作成できますが、差出人のアドレスを使ったほうが比較的正確に振り分けができます。差出人のアドレスはまず変わりませんが、メールの件名はメールごとに変わったりするからです。

確認方法

ということで、まずは差出人のアドレスを知ることから始めましょう。

何でもいいのでげん玉から届いたメールを表示します。下図は Thunderbird で開いた画面ですが、他のメールクライアントでもだいたい同じように表示されるはずです。

ここで『差出人』の欄に着目すると、山括弧 <> に囲まれた英数字の列があることに気づくと思います。これが差出人アドレスです。今回の例だと、 [email protected] ですね。

フィルタの登録時に差出人アドレスを使うので、しっかりメモしておきましょう。

フィルタを登録する

  • ドメイン名を指定したフィルタを作成する。
  • ドメイン名のみを指定したほうが柔軟に対応できる。

この差出人アドレスのドメイン名部分を、ダイアログの『From』の欄にアットマーク (@) 付きで入力します。ちなみに、ドメイン名とはアドレスのアットマーク以降の部分です。

ドメイン名のみを指定したほうがいい

アドレスをそのまま指定するという方法もありますが、アットマークより前の部分はメールによって変わることもあるので、ドメイン名だけを指定したほうがいいでしょう。こうすると、アットマークより前の部分が変わったとしても、ちゃんと振り分けられます。

あとは量産アドレスからフィルタを作る手順と同じです。

量産アドレスに対応していないサイトの特徴

  • 仮・本登録時に何らかのエラーが発生することが多い。
  • エラーが起こったら、諦めて通常のアドレスを指定しよう。

登録しようとしているサイトが量産アドレスに対応しているかどうか事前には分からないことが多いので、試しに登録してみてダメだったら、普通のアドレスを登録するという流れになります。

ここでは、対応していないサイトに量産アドレスを登録しようとした場合、どんなことが起こるかについて説明します。

仮登録できない

仮登録用のフォームに量産アドレスを入力した段階で、『不正なアドレスです』のようなエラーメッセージが表示されます。

量産アドレスを使えないことが早い段階で分かるので、ある意味、良心的と言えるかも。

本登録ができない

メールで送られてきた本登録用の URL を開くと、エラーが発生するパターンです。エラーメッセージは様々で、『URL が不正です』『このアドレスは仮登録されていません』などがありました。

プラス記号が含まれたアドレスにプログラムが対応していないことが原因なので、いろいろな形式のエラーがありうると思います。よく分からないエラーが出る場合には、量産アドレスのせいだと思ったほうがいいでしょう。

      2014/12/23

 - お小遣い稼ぎの準備

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。