ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

家族を友達登録する方法

家族全員でポイントサイトに登録すれば、
無料コンテンツや案件利用でのポイントを人数分、
獲得することができます。

友達紹介の仕組みがあるポイントサイトでは、
家族を友達紹介として登録することにより、
さらに獲得ポイントを増やすことも可能です。

ここでは、家族を友達紹介する方法とテクニックを解説します。

ポイントサイトへの家族登録の基本については
関連記事をご覧ください。

友達紹介とは

ほとんどのポイントサイトには友達紹介制度があり、
自分が紹介した友達会員がポイントを獲得すると、
その何割かをキックバックとしてもらうことができます。

自分のブログなどで会員登録してくれる人を
募るのが基本的な使い方ですが、
『家族登録するときに友達として登録し、
紹介ポイントも一緒にもらっちゃおう』
というのが、この記事のコンセプトです。

ティアを知る

  • ティア: 何階層下までの紹介報酬をもらえるか

    • 自分の子会員まで → 2 ティア
    • 自分の孫会員まで → 3 ティア

ティア(tier) は『階層』などを意味する英単語で、
『何層下の会員の紹介ポイントまで獲得できるか』
を表すために使われます。

例えば、 GetMoney! では、
自分が紹介した友達(子会員)の 50% のポイントを
紹介報酬として獲得できます
から、
2 ティア 50% と表します。

一方、 げん玉 では、
自分が紹介した友達(子会員)から 10%,
そのまた友達(孫会員)から 1% の紹介報酬をもらえます
から、
3 ティア 10-1% と表します。
げん玉の紹介報酬は特殊なため、一番低い例のみを挙げました。)

多くのポイントサイトの紹介制度は 2 ティアですが、
げん玉のように 3 ティアのサイトもいくつかあります。

家族の分の紹介ポイントをもらえる

では、家族を友達として登録した場合、
獲得できるポイントはどのようになるのでしょうか。

GetMoney! のような 2 ティア 50% のポイントサイトに
家族 1 人を友達登録し、

10,000 円分の案件利用をしたときに稼げる金額
下表にまとめました。

友達登録なし 友達登録あり
自分 家族 A 自分 家族 A
案件利用 10,000 円 10,000 円 10,000 円 10,000 円
紹介報酬 0 円 0 円 5,000 円 0 円
合計 20,000 円 25,000 円

全く同じサイトと案件を利用しているのに、
友達登録したほうが 5,000 円多く稼げていることが分かります。

家族が多いほど有利に

下表に、自分を除く家族の人数と、
友達登録したときの紹介報酬率についてまとめてみました。

条件は、前の分析のときと同じです。

家族人数 案件報酬 紹介報酬 紹介報酬率
1 人 20,000 円 5,000 円 +25%
2 人 30,000 円 10,000 円 +33%
3 人 40,000 円 15,000 円 +38%
4 人 50,000 円 20,000 円 +40%

これを見ると、
家族登録の人数が多くなるほど、
紹介報酬の割合が大きくなっていることが分かります。

つまり、家族が多いほど、
友達登録すればお得になるということです。

友達として登録する方法

  • 自分用の紹介リンクを通じて会員登録する。
  • 紹介方法

    • 自分のブログに掲載したバナーをクリックする。
    • 送った勧誘メールに記載された URL をクリックする。
  • ブログを持っていない人は勧誘メールを使うといい。

家族を友達登録するには、
自分専用の紹介バナーを通して会員登録する必要があります。

紹介バナーは基本的に
自分のブログなどに貼り付けて使うものですが、
メールでの紹介も可能なので、
ブログを持っていない人でも利用できます。

ブログにバナーを掲載する

友達登録といえば、
自分のブログやサイトにバナー広告を
掲載するのが一般的です。

わたしのサイトでもやっています。

ポイントサイトにログインし、
友達紹介のページを開くと、
さまざまなバナーの HTML コードを入手できます。

それを自分のブログに貼り付けて、
そこから会員登録すれば自分の友達として登録されます。

こんな感じです。

具体的な手順:

  1. ポイントサイトにログインする。
  2. 友達紹介のページを開く。
  3. 適当なバナーの HTML コードをコピーする。
  4. 自分のブログに貼り付ける。
  5. ポイントサイトからログアウトする。
  6. 貼り付けたバナー広告をクリックして、会員登録する。

ブログを持っていない場合

「家族を友達として登録したいけれど、
自分のブログやサイトを持っていない」

という人は多いと思います。

家族登録のためだけに無料ブログを開設するのも、
もちろん OK ですが、
いくらなんでも面倒なので他の方法を紹介します。

多くのポイントサイトはメールで友達を勧誘することができます。
送られてきた勧誘メールに紹介用の URL が記載されているので、
そのページをブラウザで開き、
会員登録すれば友達として登録される仕組みです。

これならブログが不要ですから簡単ですね。

登録しようとしている家族専用のメールアドレスを
事前に取得しておいてください。

勧誘メール送信フォームの例
図 1: 勧誘メール送信フォームの例

具体的な手順:

  1. ポイントサイトにログインする。
  2. 友達紹介のページを開く。
  3. 登録しようとしている家族あてに勧誘メールを送る。
  4. ポイントサイトからログアウトする。
  5. 届いたメールに記載されている URL を開き、会員登録する。

別プロファイルなら、いちいちログアウトしなくていい

上に書いた手順に『ログアウトする』というステップがありますが、
ブラウザのプロファイルを家族ごとに分けているなら、
いちいちログアウトする必要はありません。

新規プロファイルを作るのは少し難しいかもしれませんが、
管理が間違いなく楽になりますので、
ぜひ挑戦してみてください。

家族登録の型

  • 並列型

    • 2 ティア報酬までしか獲得できない。
    • 会員登録が簡単。
  • 直列型

    • 3 ティア以上の報酬を獲得できる。
    • 会員登録がちょっと面倒。
  • 2 ティアなら並列型、3 ティア以上なら直列型にするといい。

家族を友達紹介するときの形は大きく分けて 2 種類あります。

3 ティア以上の紹介報酬制度のあるポイントサイトの場合、
直列型のほうが有利になってくるので、
形を使い分けるといいでしょう。

下図で、それぞれの型の紹介報酬を記載していますが、
『3 ティア 20-5%』のサイトだと仮定して算出しています。
赤文字は子会員の紹介報酬、
青文字は孫会員の紹介報酬を意味します。

並列型

並列型は、家族全員を自分の子会員にする方法です。

並列型のリンク
図 2: 並列型のリンク

家族全員の紹介報酬を自分がまとめて獲得することができますが、
2 ティアまでの紹介報酬しか得ることができません。

一方で、自分の紹介バナーから家族全員を登録させられるので、
家族登録の手間が楽になる
というメリットがあります。

直列型

直列型は、

  • 自分の下に家族 A を
  • 家族 A の下に家族 B を
  • 家族 B の下に家族 C を
  • ...

と、親と子が 1 対 1 になるように友達リンクを構築する方法です。

直列型のリンク
図 3: 直列型のリンク

家族の紹介報酬はばらけますが、
3 ティア以上の紹介報酬を獲得できるという
大きな利点があります。

図 3 を見ると、
並列型では獲得できなかった
孫会員からの紹介報酬を獲得できていることが分かります。

一方で、

  • 家族 A を登録するときには自分のバナーから
  • 家族 B を登録するときには家族 A のバナーから
  • 家族 C を登録するときには家族 B のバナーから
  • ...

と、家族ごとに違うバナーから会員登録しなくてはならないため、
手間がかかってしまう
というデメリットがあります。

サイトにより使い分ける

2 ティアの紹介報酬ならば、
並列型でも直列型でも報酬の合計に差はありません。
そのため、会員登録の手間が少ない並列型が向いています。

一方で、3 ティア以上の紹介報酬をもつサイトであれば、
会員登録の手間は少し増えますが、
獲得できる報酬が多くなる直列型にするといいでしょう。

多くのポイントサイトは 2 ティア制を採用しているため、
並列型を使うことが多くなると思います。

友達登録に向いているポイントサイト

このサイトでおすすめしているポイントサイトについて、
ティア制度・報酬率・おすすめの型をまとめました。

ポイントサイト ティア 報酬率 おすすめの型
モッピー 2 ティア 50% 並列型
GetMoney! 2 ティア 50% 並列型
げん玉 3 ティア(変則) 10-1% 直列型
ハピタス 2 ティア(変則) 10% 並列型

紹介報酬率だけをみると
GetMoney!モッピーが一番ですが、だからといって、
案件利用に最適かといえば、そうとは限りません。

後述しますが、
案件のポイント数と紹介報酬額を併せて考える必要があります。

変則型の紹介制度

げん玉ハピタスは、
自分のランク的なものにより
紹介報酬が変わる制度
を採用しています。

上表には、それぞれ最低の報酬率を書きましたが、
ランクによりもっと高い報酬率になることもあるため、
個別に確認してみてください。

ただ、基本的には紹介人数が多いほど
紹介報酬率が高くなる仕組みに
なっています。

そのため、家族利用でのみ友達紹介を利用する場合には、
ほとんどのケースで最低の紹介報酬率になってしまうでしょう。

家族利用におけるテクニックと注意点

案件を家族で利用する場合には、
ひとりで利用するときとは違ったテクニックや注意点が存在します。

紹介報酬を含めてポイントサイトを比較する

  • 獲得できる報酬額の大きいポイントサイトから申し込むようにする。
  • 案件自体のポイントが高くても、合計報酬も高いとは限らない。
  • 紹介報酬を考慮して決めること。

案件利用する際には、
できるだけポイントの高く設定されている
サイトから申し込むのが鉄則ですが、

家族利用のときには紹介報酬率も考慮して決めなくてはいけません。

例えば、下表の架空の案件のデータを見てください。

サイト 案件報酬 紹介報酬率 紹介報酬 合計
サイト A 5,000 円 10% 500 円 5,500 円
サイト B 4,000 円 50% 2,000 円 6,000 円

案件自体の報酬はサイト A のほうが高いのですが、
合計の報酬額は逆にサイト B のほうが高くなっている
ことが分かります。

これは、サイト B の紹介報酬が高いことが理由なので、
紹介報酬を含めた合計の報酬額でサイトを選ぶ必要がある
ということです。

末端の家族から案件利用する

  • IP アドレス制限のある案件では末端会員が申し込んだほうがお得。
  • 日頃から、末端会員 → 親会員の順に申し込む癖をつけておくといい。

案件利用をする際には
末端の家族(自分より子、子より孫……)から順に
申し込む
ことをおすすめします。

同一 IP アドレスからの利用が制限されている案件の場合、
末端会員が申し込んだときの報酬額が
一番大きくなるからです。

基本的には、案件利用のときに
『同一 IP アドレスからの利用制限が課せられているかどうか』
事前に確認するわけですが、
小さな文字で書かれていることが多いため、
見落としてしまうしまうこともあります。

もし、親会員から順に申し込んでしまうと、
自分しか承認されませんから、
紹介報酬を全く得られなくなってしまうのです。

そのため、案件利用のときには日頃から、
末端会員 → 親会員の順に利用する癖をつけておくといいでしょう。

      2016/07/08

 - ポイントサイト

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。