ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

ネット専業銀行の口座を開設する

ネット稼ぎをするならば、
ネット専業銀行の口座を持っていると便利なので、
まだ持っていない人はこの機会に開設しておくのもいいと思います。

ネット専業銀行とは

普通の銀行は『○○銀行△△支店』のような店舗がありますが、
ネット銀行は実際の店舗がなく、
インターネット上のみで全ての手続きを行います。

実際の店舗を持たないため、
不動産にかかる費用と人件費が抑えられ、
手数料や金利が通常の銀行よりも有利になっているんですね。

あと、自宅にいながら振込などの手続きができるので、
実店舗に赴くより手間がかからないという利点もあります。

オンラインバンキングとの違い

最近は、ほとんどの都市銀行や地方銀行でも、
ブラウザやスマホ上から振込などの操作ができるようになっていますよね。

そのため、使い勝手はネット専業銀行とほとんど変わりませんが、
実際の店舗を持っているため、
手数料などはネット専業銀行のほうが安いことが多いと思います。

とはいえ、そこまで大きな違いはないため、
既に持っている銀行がオンラインバンキングに対応しているのであれば、
無理してネット専業銀行の口座を開設する必要はないと思います。

換金先の口座として利用する

ほとんどのネット稼ぎではネット銀行への振込に対応していますし、
通常の銀行よりも振込手数料が安くなっていることが多いです。

例として、有名なポイント交換サービスである
PeX と PointExchange の手数料を比較してみます。
(上の 2 つがネット専業銀行です)

銀行名 PeX PointExchange
楽天銀行 50円 175円
住信SBIネット銀行 50円 82円
その他の銀行 200円 206円

明らかに、ネット銀行の手数料のほうが安いですよね。
最大で 1/4 になっていることが分かります。

さらに、オートサーフという種類のサイトでは、
ネット銀行への振込にしか対応していなかったり、
ネット銀行だと手数料が無料になっているところもあります。

おすすめのネット銀行

いくつかのネット銀行がありますが、
僕のおすすめは 楽天銀行 です。

楽天銀行 は振込に対応しているサイトが多く、
未成年(主に小中学生)でも口座開設できるという利点があるので、
お小遣い稼ぎ用としては最適だと思います。

上にも少し書きましたが、
現在は通常の都銀・地銀でもオンラインバンキングができるので、
無理にネット専業銀行の口座を開設する必要はありませんが、
本格的にネット稼ぎをするようになったら開設することをおすすめします。

      2017/08/09

 - お小遣い稼ぎの準備

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。