ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

良案件の条件

記事作成の案件はたくさんありますが、
記事のジャンル・条件・報酬額などは様々なので、
お得な良案件とそうでない案件があります。

どうせ作業するなら良案件のほうがいいに決まっているので、
ここでは良案件の見分け方について解説します。

文字単価が高い

記事作成案件は『500 文字以上で報酬 100 円』というように、
最低文字数と報酬が提示されています。
報酬額を最低文字数で割ったものを文字単価と呼びます。

文字単価は『1 文字あたり何円もらえるか』を表す指標であり、
当然、文字単価が高いほど良案件だと言えます。

僕の過去の経験から、
文字単価とおすすめ度は次のようになります。

文字単価 おすすめ度
~ 0.1 円/文字 割に合わない
~ 0.2 円/文字 もっといい案件が他になかったら、やってもいい
~ 0.3 円/文字 おすすめ
0.3 円/文字~ すぐにでもやるべき

手数料を引いて計算する

マッチングサイトの場合、
手数料を含めた額が報酬額として表示されます。

そのため、手数料を引いた実質報酬額を使って
文字単価を計算するようにしてください。

手数料率はサイトや案件によって異なりますが、
ライティング案件の場合、手数料は 20% だと思っていれば、
だいたい間違いありません。

例えば、最低文字数が 500 文字、報酬額 150 円の案件の場合、

文字数が多い

記事作成案件の作業は、
文章を書くことだけではありません。

1 つの案件をこなすだけでも、
文章を書く以外に次の雑務作業が必要になります。

  • 作業したい案件を探す。

  • 案件の条件を読んで理解する。

  • 参考サイトを探す。

  • 参考サイトを読み、要旨を理解する。

  • 誤字・脱字がないことを確認する。

文字単価が高くても最低文字数が極端に少ない案件だと、
雑務に割く時間の割合が大きくなってしまい、
結果的に時給換算の報酬が少なくなってしまうことがあります。

そのため、同じ文字単価なら、
文字数の多い案件が有利だといえます。

個人的には、600 ~ 800 文字程度の案件が
一番割がいいように思います。

800 文字と聞くと大変そうに思えますが、
ある程度の知識がおる分野なら、思ったよりも楽に書けます。

ただし、慣れるまでは思ったより全然書けないものなので、
ライティング案件に慣れていない人は、時給換算とか気にせず、
文字数の少ない案件から始めたほうが無難です。

作業数制限なし

マッチングサイトには、同じ人がエントリーできる数が
制限されている案件があります。
『1 人 1 件まで』などと書かれている案件のことです。

複数の記事を書く場合、
同じジャンルを続けたほうが
明らかに効率がよくなるという傾向があります。

書いているうちに、
そのジャンルに関する基礎知識が増えてくるため、
筆(キーボード?)が進みやすくなるからです。

そのため、作業数制限がかかっている案件は、
どうしても作業効率が悪くなってしまいます。

作業数制限の緩い、あるいは全くかかっていない案件を
できるだけ選ぶようにしたほうがいいでしょう。
切り口を変えれば、何件でもエントリーできます。

募集している記事数が多い

上にも書きましたが、
同じジャンルを続けた書いたほうが効率よく稼げます。
つまり、同じジャンルの記事を
大量に募集している案件のほうが有利だといえます。

例えば、マッチングサイトのタスク案件では、
5 記事募集する案件や 100 記事募集する案件などがあります。

5 記事募集の場合、
自分が 1 記事書いている間に他の人がエントリーするため、
結果的に 1 記事しか書けなかったということが、
よく起こります。

しかし、100 記事募集の案件なら、
他の人がエントリーしても、そうそう簡単にはなくなりませんから、
うまくやれば 10 記事以上投稿できることもあります。

ただ、マッチングサイトで 100 記事以上の案件が出ることは稀です。
出ても、文字単価がよろしくなかったりします。

そのため、記事数をあまり気にする必要はありませんが、
同じ条件なら記事数の多い案件にエントリーしたほうが効率的です。

書きやすいジャンル

多くの記事作成案件は
『○○について解説してください』というような
形式になっています。

そのため、そのジャンルについて
知識を持っているかどうかで、
記事の書きやすさが格段に変わってきます。

記事作成をする時には、
参考サイトを見ながらリライトすることが多くなりますが、

基礎知識があれば要旨の理解が速くなりますし、
参考サイトにはない情報をアドリブで入れることもできます。

複数の案件で迷ったときには、
自分のより得意な案件を選ぶといいでしょう。

条件が緩い

ライティング案件には、
承認条件というものが記載されています。

『既存の記事をコピーしてはいけない』などの
常識的なものは全ての案件にありますが、
『指定したキーワードを指定回数だけ使って』
というようなキツめの条件が課せられている案件もあります。

指定された回数だけキーワード使って記事を書くのは意外と大変なので、
やはり条件の緩い案件のほうが選んだほうがいいでしょう。

調べ物が必要な案件は難しい

あまり見かけることありませんが、

  • ○○にある病院の数について

  • ○○の特色について

  • ○○の近くにある学校について

というような指定がされている案件も中にはあります。

このような案件の場合、
検索エンジンなどを使って情報を調べないといけないため、
かなり大変な作業になります。

「検索するくらい大した時間ではない」と思うかもしれませんが、
ライティング案件自体が数分で終わるものですから、
たとえ 10 秒だとしても大きなロスになります。

そのため、文字単価が良さそうに見えても、注意が必要です。

      2017/08/31

 - 記事作成

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。