ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

記事作成案件に必要なもの

記事作成案件は、『お小遣い稼ぎ』というよりは
『仕事・副業』といったほうが適切だと思いますが、
仕事としての案件の中では、
稼ぎに必要なものや準備がほとんど要らないことも魅力の 1 つです。

特別なものは必要ない

  • タスク案件ではブラウザのみで作業できる。
  • プロジェクト案件ではエディタ・表計算ソフトが必要。
  • 初心者はタスク案件から始めるといい。

マッチングサイトのタスク案件や記事作成案件専門のサービスでは、
ブラウザ上で文章作成をし、
そのまま送信することができるようになっているものがほとんどです。

そのため、ブラウザ以外の特別なソフトなどは必要ありません。

プロジェクト案件ではソフトが必要なことも

タスク案件はブラウザ上で全ての作業ができますが、
プロジェクト案件ではブラウザ上で作業できません。

多くの案件では、テキスト形式で、
または Excel シートへ入力した上で
納品することになります。
そのため、次のようなソフトとソフトに関する知識が必要になります。

  • テキストファイルを作成するためのエディタ(例: メモ帳)
  • Excel シートを編集できるソフト(例: Microsoft Excel, LibreOffice Calc)

プロジェクト案件は、
準備の面でも作業の面でもハードルが高いため、
初めのうちはタスク案件でのみ作業したほうがいいでしょう。

自分のブログが必要になる案件も

中には、作成した記事を
自分が運用しているブログへ投稿する案件もあります。

このタイプの案件は、自分のブログを
持っていないとエントリーすることはできませんが、
案件用に作った無料ブログでもいいので、
思ったよりハードルは低めです。

マッチングサイトやライティング案件専門サービスで見かけることはなく、
トラフィックエクスチェンジリードメールなどの
オートサーフ系サイトの 1 コンテンツとして提供されています。

自分でブログを用意する必要があることや、
他にも気をつけることがいくつかあるため、
やはり初心者は避けたほうが無難です。

大きなディスプレイがあれば便利

  • 参考ページと記事作成ページを同時に開く必要がある。
  • 大きなディスプレイがあると便利。
  • ディスプレイを 2 つ使ってもいい。

ライティングをする際には、
『参考にするページを表示しながら、記事を書く』
というスタイルになります。

そのため、参考ページと記事作成ページの
両方を同時に見られたほうが、圧倒的に便利です。

大きなディスプレイ

大きなディスプレイがあれば、
ブラウザの 2 つのウィンドウを並べて表示できます。
例えば、横に長いディスプレイなら、
ブラウザのウィンドウを横に 2 つ並べることができるでしょう。

横長のディスプレイがない場合、
普通の 4:3 のディスプレイを 90° 回転して
設置するという方法もあります。

こうすると、縦長のディスプレイになるので、
ブラウザを 2 つ縦に並べることができます。

ちなみに、わたしは記事作成とは関係なく、
4:3 のディスプレイを常に縦置きしています。
画面を有効に使っている気がするので、結構便利です。

ただ、ディスプレイによっては
(というか、ほとんどのディスプレイでは?)、
縦置きを保証していないと思います。

そのため、試してみる場合は自己責任でお願いします。

実際、わたしの環境でも
『自動画質調整がうまく動かない』という問題が出ます。
(一時的に横置きにして調整するとうまくいきますが)

ディスプレイを 2 つ使う

ディスプレイを 2 つ使っても、
快適に作業できるようになります。

片方のディスプレイに参考サイトを表示し、
もう 1 つに記事作成ページを開く方法です。

1 つのディスプレイを分けて使うよりも、
ブラウザを大きく表示できるので作業しやすくなります。
PC を複数持っている人、
または 1 つの PC に複数のディスプレイを
接続できる人
は試してみるといいでしょう。

ちなみに、複数の PC を並べて使う場合、
Synergy というツールを使うと便利です。

1 つのキーボードとマウスを複数の PC で共有するためのソフトで、
PC が何台あろうと、キーボードとマウスが 1 組で済むので、
かなりすっきりします。
(というか、このソフトがないと複数 PC を扱うのは難しいと思います)

      2015/06/21

 - 記事作成

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。