ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

トラフィックエクスチェンジ(白くま)

トラフィックエクスチェンジのデータ

サイト名 トラフィックエクスチェンジ(白くま)
会員数 59,776 人
運営者 株式会社アルファスタイル
換金レート 10,000pts → 15
最低換金ライン 30,000 pts
交換先 銀行振込
ポイント有効期限 最終獲得から 2 年間
ダウンライン 6-Tier 20%-2%-1%-1%-1%
メールフィルタ 送信者に traffic-exchange.tv が含まれる。

一番おすすめできるオートサーフサイト

トラフィックエクスチェンジは、数あるオートサーフの中でも一番おすすめできるサイトです。

その理由は、

豊富な実績がある

オートサーフサイトは運営も比較的簡単なので、新しく開設されるサイトも多くありますが、閉鎖してしまうサイトも後を立ちません。

そんな中で、数年にわたり安定した運営を行っているトラフィックエクスチェンジは、これから始める人に最もおすすめできるサイトだと言えるでしょう。

サーフ切れが少ない

最近、サーフ切れが多く、まともにポイント獲得できないサイトが増えてきていますが、トラフィックエクスチェンジては滅多に(全く?)サーフ切れがありません。

1 サーフあたりの獲得金額が多いサイトは他にもありますが、サーフ切れのことを考えると、結果的にトラフィックエクスチェンジがトップクラスだと言えます。

コンテンツが豊富

トラフィックエクスチェンジはオートサーフですが、ポイント獲得できるコンテンツがオートサーフ以外にもたくさんあります。

そのため、オートサーフ一本のサイトより多くポイント獲得できますし、オートサーフが苦手な人でも稼げるという特徴があります。

コンテンツ概要

サーフエクスチェンジ

サーフ時間 10 秒のオートサーフです。サーフ切れはまずありませんから、安心して放置できます。

クリックエクスチェンジ

登録されているサイトを指定された秒数だけ表示することで、ポイント獲得できます。

ポイント獲得が終わらないと、次のサイトを開けないので注意。

リンクエクスチェンジ

指定された広告を自分のサイトやブログに貼り付けでおくだけでポイント獲得できるコンテンツです。

こんな感じの広告が表示されます。

ブログを持っている人は、サイドバーあたりに、とりあえず貼り付けておくといいでしょう。

リードメールエクスチェンジ

届いたメールの中に書かれた URL を、指定された秒数だけ表示すればポイント獲得できるコンテンツです。

比較的、獲得ポイントが高めのコンテンツなので、おすすめです。

メールはサイト内 (Inbox) でも見られます。自分のメールアカウントに大量のメールが届くのが嫌な人は、『ユーザー情報編集』から『配達可(Inboxのみ)』を選ぶといいでしょう。

ミッションエクスチェンジ

主に会員登録のミッションをこなすことでポイント獲得できるコンテンツです。ポイントサイトでいうところの案件稼ぎと同じです。

ただ、登録されている案件の多くが怪しげな情報商材のため、正直、おすすめはしません。獲得ポイントもリスクに見合ったものではありませんし。

ブログエクスチェンジ

指定された記事を自分のブログに投稿するだけでポイントがもらえるコンテンツです。

用意されたタイトルと本文をコピペするだけです。普通のブログライター案件と違い、記事やタイトルを自分で考える必要がないので、かなり楽できます。

ただ、もともと持っている趣味ブログとかに投稿してしまうと Google からペナルティを受けてしまう危険があるので、ブログライター専用の無料ブログを開設し、そこに投稿することをおすすめします。

やってみるとかなり簡単なので、ブログを持っていない人も、FC2 あたりの無料ブログで作ってみるのもいいでしょう。

ウェーブエクスチェンジ

基本的な仕組みはオートサーフと同じですが、ページの表示時間が参加者数に応じて変わります。

どうやら、広告が多いときには表示時間が短く、少ない時に長くなるようです。時間が変動する利点がよく分からないのですが、出稿側の都合でしょうか。

普通のサーフエクスチェンジと同時に起動できるので、うまくすれば 2 倍くらいのポイントが獲得できるかもしれません。

換金

銀行振込にのみ対応しています。

換金先 手数料 最低換金額
楽天銀行 0 円 30,000 pts
住信SBIネット銀行 0 円 30,000 pts
その他の銀行 160 円 120,000 pts

楽天銀行と住信SBIネット銀行への振込手数料は無料なので、どちらかの口座を開設しておくと便利です。

      2016/07/08

 - サイト紹介 ,

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。