ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

稼いだポイントを現金や電子マネーに交換しよう

ポイントサイトで無料コンテンツ無料案件アプリ案件をこなした結果、
ここまでで 5,000pt (500 円分)以上が貯まっていると思います。

ここでは、貯めたポイントを現金や電子マネーに交換するための方法を解説します。

なぜポイント交換が必要か?

貯めたポイントは現時点ではただのポイントなので、
ものを買ったりと何かに使うことは一切できません。

そのポイントを現金や電子マネーと交換してはじめて
ネットでお金を稼いだと言えますから、

ポイント交換は大事です。

例えば、10 万円分のポイントを貯めておいても、
仮にポイントサイトが潰れてしまい、
1 円も現金化できなかったということもありえます。

このブログで紹介しているポイントサイトでは考えられませんけど、
いきなり閉鎖してポイントを引き出せなかった例は、
過去にいくつかありました。

ポイントは貯めてからでないと交換できないので、
一定額(300 ~ 500 円分)貯まったら、
こまめに交換することをおすすめします。

ポイント交換を申請してみよう

では、げん玉のポイント交換を申請してみましょう。

PointExchange のアカウントを作成する

げん玉の場合、ポイント交換の方法がちょっと複雑で、
PointExchange と呼ばれるサービスを経由して、
現金や電子マネーと交換することになります。

Untitled graph げん玉 PointExchange 現金・電子マネーなど

まだアカウントを持っていない人は、
会員登録のページから無料会員登録をしておいてください。

PointExchange は実際にお金を扱うサービスなので、
会員登録時に名前・住所・電話番号などの個人情報を入力する必要があります。
あと、SMS での認証もあるかもしれません。(もっと後の段階かも)

PointExchange は、げん玉と同じ会社が運営していて、
信頼できるサービスですので大丈夫です。
安心して登録してください。

会員登録方法は、よくある方法なので省略しますが、
無料案件をこなしたのであれば何の問題もないでしょう。

交換ページへ移動する

げん玉では 3,000pt 以上貯まるとポイント交換の申請ができるようになるので、
ページ上部にある『交換』をクリックします。

移動先のページで、さらに『交換する』をクリックし、
その先のページで『ポイントエクスチェンジにログイン』をクリックします。

PointExchange のログインページに移るので、
先ほど会員登録した時のアカウントでログインしてください。

交換額を選択する

交換するポイント数を選択できますので、
『500円分(5,000リアル)』を選択します。

確認が出るので、『ポイントエクスチェンジへ交換』をクリックします。

ちなみに、げん玉では 300 円分からポイント交換できますが、
PointExchange では 500 円からじゃないとダメな交換先が結構あります。
そのため、500 円分まで貯めてもらいました。

交換が完了したら、PointExchange のサイトに移動します。

すると、こんな感じでポイントが移動していることが分かります。

ちょっと分かりにくいことなのですが、
げん玉のポイントは 1pt → 0.1 円ですが、
PointExchange 内では 1pt → 1 円のレートになります。

今回は 500 円分のポイント (5,000pt) を移行したので、
500pt (500 円分) と表示されています。

手数料無料チケットとは

これから PointExchange を使って、
貯めたポイントを現金なり電子マネーなりに交換するのですが、
通常は交換に手数料が必要になります。

ですが、月に 1 度だけ、げん玉から PointExchange に移行した時に、
『手数料無料チケット』というものが付与され、
これを使うことで手数料無料で交換できます。

僕は今月 2 回目の交換だったので入手していませんが、
みなさんは交換のどこかのタイミングで入手していると思います。

手数料無料チケットは入手から 1 ヶ月間だけ有効なので、
基本的にはすぐに現金化したほうがいいでしょう。

交換先を選択する

PointExchange ではポイントをいろいろなものと交換することができます。

主な交換先としては、次のようなものがあります。

  • 銀行振込

  • 電子マネー(Suica・Vプリカ・WebMoney・Edy)

  • ギフト券(Amazon ギフト券・iTunes ギフトコード・nanaco ギフト)

  • 図書カード・お米券・クオカード

自分が使いやすい交換先を選ぶといいでしょう。

実際に使いやすいのは電子マネーだと思います。
全部の電子マネーをサポートしているわけではありませんが、
Edy・Suica・nanaco に交換できるので結構対応できるでしょう。

V プリカは匿名のクレジットカードとして使えるので、
クレカを持っていない人や怪しげなサイトで使いたいという人にはかなり便利です。
僕も中国のサイトで買い物をするときに、よく使ってます。

特にすぐに使いたいわけではなかったり、
将来的に数万円規模の交換をする場合には、
銀行振込が無難です。

ちなみに、交換先にもよりますが、
申請からだいたい 1 週間程度はかかりますので、
すぐに使いたいという人は注意してください。

ネット稼ぎ完了

ここまでで、500 円という少ない額ですが、
ネットで実際にお金を稼ぐことができると実感してもらえたはずです。
(まだ交換待ちかもしれませんが……)

今回は、あくまで入門編ということで、
簡単にできることを重視した結果、
あまり稼げない方法や案件を例に出して解説した部分もあります。

慣れてきたら、稼げない無料コンテンツを無視したり、
ポイントの高い案件に手を出したり、
複数のポイントサイトを併用したりと、
自分なりの稼げる方法を確立してください。

このブログの入門記事はまだまだ終わりません。

これからの記事では、
スキルが少し必要だけど継続して稼げる方法や、
リスクが少しあるが大きく稼げる方法なども紹介していきます。

      2017/08/25

 - ポイント交換

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。