ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

オートサーフ向け Firefox アドオン: QuickJava

  • オートサーフを快適にする方法
  • 画像・Flash の表示を無効にするアドオン

オートサーフをすると大量の画像や Flash を連続して表示することになるので、PC に大きな負荷がかかってしまうことがあります。低スペックの PC の場合、まともにサーフできなくなることもあるくらいです。

この記事では、画像や Flash の表示を簡単に無効化できる QuickJava という Firefox のアドオンを紹介します。

使い方

QuickJava をインストールすると、図 1 のような操作パネルがウィンドウの右下に表示されます。

パネル内のボタンは左からそれぞれ、JavaScript・Java・Flash・SilverLight・Cookie・画像・画像のアニメーション・スタイルシートを意味しています。ボタンをクリックすれば、有効・無効を切り替えることができるので、不必要な項目を無効にしましょう。

ちなみに、背景色が赤になった状態が無効状態です。

QuickJava の操作パネル
図 1: QuickJava の操作パネル

オートサーフ用に最大限の設定をしたものが図 1 です。JavaScript と Cookie は、オートサーフを動かすために必要ですから無効にすることはできません。

あと、Firefox はもともとスタイルシートを無効にする設定を持っているのですが、どうやらタブごとに設定しなくてはいけないようです。そのため、QuickJava からスタイルシートを無効にしても、そのタブにしか効果がありません。

全てのタブで無効にすればいいわけですが、数サイトで同時にサーフしている場合、かなり大きな手間になりそうなので、わざわざやる必要はないと思います。

操作パネルが表示されない場合

操作パネルが表示されるのは『アドオンバー』と呼ばれる場所なのですが、最近の Firefox ではデフォルトでアドオンバーが非表示になっているようです。もし操作パネルが表示されないようであれば、図 2 のように、Firefox の『表示』メニューから『ツールバー』サブメニューを開き、『アドオンバー』をチェックしてください。

アドオンバーを有効にする
図 2: アドオンバーを有効にする

注意事項

Java や Flash を無効にしても特に問題にはならないと思いますが、画像表示を無効にしてしまうと、広告主の意図していない表示になるかもしれません。

「画像を非表示にしている人が多いからオートサーフに広告を流すのをやめよう」という流れが広まってしまうと困るのは自分たちなので、QuickJava の使用は最低限にしたほうがいいでしょう。

PC のスペック的に問題を感じていない場合には、QuickJava を使用する必要はないと思います。

      2014/04/22

 - オートサーフ

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。