ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

ネット懸賞で稼ぐ方法

『ネット稼ぎ』とはちょっとニュアンスが違うのですが、
ここではネットで応募できる懸賞について紹介しようと思います。

当選するかどうかは運次第ですが、
中には現金や金券が当たる懸賞もたくさんあるので、
興味のある人は応募してみるといいですよ。

ネット懸賞とは

以前は『懸賞』というとハガキで応募するものがほとんどでしたが、
最近はブラウザ上で応募できる懸賞が増えてきました。
これを『ネット懸賞』と呼びます。

基本的な仕組みは従来の懸賞と同じですが、
ネットならではの特徴もあります。

完全無料で応募できる

従来の懸賞は自分でハガキや切手を買って応募する仕組みのため、
応募にお金がかかってしまうという問題がありました。

中には何百枚も応募する人もいるようですが、
仮に 100 枚応募したとすれば 5,000 円以上の景品が当たらない限り、
赤字になりますからね。

ネット懸賞はインターネットを通じてブラウザ上で応募できますから、
ハガキや切手は一切不要です。

通信費と電気代を除けば、完全に無料で応募できるというわけです。

簡単に応募できる

従来の懸賞では宛先や個人情報をハガキに書く必要がありましたが、
ネット懸賞ではブラウザのフォームに入力するだけで応募できます。

名前や住所などの個人情報を事前にメモ帳などで保存しておいて、
コピペすれば短時間で応募できますし、
情報入力に特化したツールもいくつかあります。

そのため、従来の懸賞と比べて、格段に応募しやすくなっています。

ちなみに僕がネット懸賞に応募しまくっていたころは、
懸賞を探す時間も含めて、1 件あたり 1 ~ 2 分で応募できてました。

件数が多い

ネット懸賞の場合、懸賞の情報をまとめているサービスがいくつかあるので、
いちいち懸賞を探す手間が省けるという利点があります。

また、楽天のように懸賞システムをショップ向けに提供しているところもあるので、
ショップ側としても懸賞を開催しやすくなっているようです。

僕が懸賞にはまっていたころは、
毎月 15 日や末日には 1,000 件を超える懸賞がありました。

当選品の例

ネット懸賞にはいろいろな景品がありますが、
だいたい次のようにグループに分けられます。

現金

金額はさまざまですが 10 万円なども見かけます。

景品としては魅力ですが、そのぶん人気が高いため、
当選確率はだいぶ低めになることが多いみたいです。

応募にかかる時間は他の懸賞と変わらないので、
宝くじ感覚でとりあえず応募はしておきます。

僕が 1 年間みっちりとネット懸賞をやっていた時期ですら、
現金が当選したことは遂に一度もありませんでした。

金券(図書券・QUO カード・旅行券など)

金券は現金の次に人気のある景品です。

図書券や QUO カードなどは割と汎用的に使えますから、
書店やコンビニで自分が使ってもいいし、
金券ショップやヤフオクなどで売却することもできます。

金額は 500 ~ 数千円程度ですが、
人気はそこまで高くないのか、
僕は何度か当選したことがあります。

ショップ限定ギフト券

そのショップでしか使用できないギフト券です。

ショップ限定なので汎用性が低く、
現金化はできないか、できたとしても安く買い叩かれるでしょう。

イオンとかマクドナルドのように全国に店舗があるならまだしも、
ローカルな店の場合、そもそも当選したとしても使用できないことも。

僕は基本的にスルーしてましたが、
それだけ人気がないということなので、
もし近くで使えるギフト券ならば逆に狙い目です。

その他

『その他』と書きましたが、
実はネット懸賞のほとんどの景品は『その他』に分類されます。

多くは、そのショップで販売されている商品が景品になることが多いようです。

換金性は低いですし、好みもありますから、
人気はだいぶ低いですね。

「なんでもいいから当選するのが楽しみ」ということであれば、狙い目です。

僕の場合、複数の商品が当選する懸賞に 1 件だけ応募したら、
そのうちの 3 つが当選したということもありました。
応募者が数人しかいなかったんでしょうね。

ネット懸賞の選び方

換金性の高い景品を選ぶ

懸賞を選んで応募するのであれば、
当たってうれしいものを選んだほうがいいのは
言うまでもありません。

現金や金券などは、いろいろと使いようがありますし、
金券も現金化することが容易なので、狙い目です。

あとは、家電・自動車などの高価なものや、
自分の欲しいものを中心に選ぶといいでしょう。

あえて不人気懸賞を選ぶ手も

ネット稼ぎという観点からは少し外れてしまいますが、
懸賞を当てる楽しみを味わいたいのであれば、
あえて不人気の懸賞を選ぶのも手です。

不人気の懸賞は応募者が少ないため、
必然的に当選確率は高くなります。

具体的には、ショップで販売しているオリジナル商品などが狙い目でしょう。

ものによっては、後述するようにネットオークションで現金化することも可能です。

ネット懸賞のテクニック

懸賞専用のメールアドレスが必要

ネット懸賞に応募すると、
懸賞を主催したショップから大量のメールが届くようになります。

別に迷惑メールというわけではないのですが、
ショップからすればメールアドレスを入手するために
懸賞を開催しているという側面もありますからね。

ということで、定期的に懸賞に応募するとなると、
1 日に数百通のメールが届くようになるので、
メールアドレスを分けておくことは必須です。

既にネット稼ぎ専用のメールアドレスを取得していると思いますが、
それとは別に懸賞専用の無料アドレスを作成してください。

ネット稼ぎ専用のメールアドレスを取得する | ネットでお得生活体験記
たぶん、この記事を読んでいるみなさんは、何らかしらのメールアドレスを既にもっていると思います。例えば、プロバイダを契約した時にもらったアドレスだったり、スマホのキャリアメール(ドコモ・au・ソフトバンク)のアドレスだったり、あるいは Gmail などの無料アドレスだったり。ネット稼ぎではメールアドレスが必須になるのですが、これまで使っていたアドレスではなく、ネット稼ぎ専用に取得した無料メールアドレスを使うようにします。ネット稼ぎでメールアドレスが必要な理由まず、なぜネット稼ぎにメールアドレスが必要なの...

当選結果の確認方法

ネット懸賞の当選発表には次のような方法があります。

  • 当選者のみにメールで通知

  • 当選者をサイトで公開

  • 当選者を発表しない(景品が届いたら当選)

ほとんどの場合、当選者は何もしなくても景品が送られてくるのですが、
中にはこちらから連絡しなければいけない懸賞もあります。

連絡しなければ当選が無効になるので、
メールやサイトのチェックは怠らないようにしましょう。

チェックが面倒ということであれば、
こちらから連絡が必要な懸賞は避けるというのもいいでしょう。

ツールを利用する

懸賞応募にかかる時間の大半は、
名前や住所などの個人情報を入力することです。

メモ帳などからコピペしてもいいのですが、
懸賞専用のツールを使用するともっと効率的に応募できるようになります。

僕は懸賞Helper2! というツールを使っていました。

オークションやフリマで換金する

現金や金券以外の当選品は
個人で楽しむ目的で応募することが多いと思いますが、
オークションやフリマアプリに出品することで換金することも可能です。

そのため、自分には不要な景品の懸賞だとしても、
そこそこ高価そうなものならば、
換金する目的で応募するのもいいでしょう。

おすすめの懸賞サイト

ここでは、おすすめの懸賞サイトを 2 つ紹介します。

懸賞を扱っているサイトは他にもありますが、
特にチャンスイットは膨大な数の懸賞を扱っているため、
足りないということはないでしょう。

フルーツメール

簡単に応募できる懸賞が毎日登録されます。
全てフルーツメールの運営が開催しているので、
迷惑メールなどの心配もありません。

チャンスイット

ネット懸賞のまとめサイトのようなポイントサイトです。
がっつり懸賞を応募したいなら必須のサイトです。

玉石混交の懸賞がたくさん登録されていますから、
自分に合った懸賞を見つけて応募する必要があります。

まとめ

  • ネット懸賞とは

    • ブラウザ上で応募できる懸賞

    • ハガキや切手代不要なので無料で応募可能

    • 名前や住所はコピペやツール使用で時間短縮可能

  • 景品の種類

    • 現金

    • 金券(図書券・QUO カードなど)

    • ショップ限定のギフト券

    • その他(ショップで販売している商品など)

  • テクニック

    • 懸賞専用のメールアドレスを取得(ネット稼ぎ用とも別に)

    • ツールを使用してさらに時間短縮

  • おすすめの懸賞サイト

      2017/08/30

 - 懸賞

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。