ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

オートサーフに必要な PC のスペック

  • どの程度のスペックに PC が必要?
  • 古い PC でも大丈夫なのか。
  • 必要なメモリ量

古い PC でも大丈夫

  • 1, 2 世代前の PC でも問題ない。
  • あまりに古い PC では快適にサーフできないことも。

オートサーフはとても簡単にできるお小遣い稼ぎの 1 つですが、長時間にわたってブラウザを酷使し続けるため、PC への負荷テストのような感じになってしまいます。

最新や 1, 2 世代前の PC であれば問題はないでしょうが、かなり古い PC でオートサーフをする場合には、PC のスペック不足に陥ったり、他の作業に支障が出てしまうことがあります。

OS の種類・ブラウザの設定・同時起動するサイトの数・ウィルス対策ソフトの有無・他の作業の有無などにより必要なスペックは異なりますが、わたしの考えについて紹介します。あくまで『わたしの考え』であり、十分に検証できていないことも含まれていますので、参考程度に考えてください。

必要なスペック

  • 数世代前の PC でも使える可能性は十分にある。
  • 必要なするメモリの目安は、

    • Windows XP で 512 MiB 以上
    • Windows 7 で 1 GiB 以上

CPU

CPU については、特別な指定はありません。ブラウザでページを表示する瞬間はそこそこ計算量が多くなるので、速い CPU を使うに越したことはありませんが、数世代前のものでもまったく問題ないと思います。

メモリ

オートサーフにおいて最も重要なリソースはメモリでしょう。ただでさえブラウザはメモリをたくさん必要とするのに、長時間サーフを続けることにより、さらに必要なメモリ量は多くなります。

メモリの空きが少なくなると、スワップ領域と呼ばれる場所へメモリの内容が頻繁に移動されるため、処理が遅くなったり、ハードディスクに負荷がかかったりします。そのため、余裕を持った量のメモリを搭載しておきたいところです。

といっても、わたしが試したところ、 1, 2 世代前の PC であれば全く問題はないと言えそうです。設定をいじっていない状態の Windows XP なら 1 GiB, Firefox をきちきちに最適化した状態なら 512 MiB 程度あれば、余裕を持ってサーフできると思います。もちろん、他に起動しているソフトがある場合には、相応のメモリが必要になります。

OS

OS の種類は PC のスペックには含まれないと思いますが、オートサーフにとっては重要なので、一応、ここに書いておきます。

もちろん、Windows XP でも Vista でも 7 でもオートサーフはできますが、必要なスペック(特にメモリ)が結構変わってくると思います。オートサーフに必要なリソースに、OS が要求するリソースが上乗せされるからです。

オートサーフの実験ができる Windows 7 環境を持っていないため検証はしていないのですが、Microsoft のサイトを見る限り、 Windows 7 でオートサーフする場合には、XP よりも 1 GiB くらいのメモリを追加する必要がありそうです。

あくまで個人的な考えですが、PC をオートサーフに特化するなら、Windows XP を使ったほうが快適だと思います。(が、2014 年 4 月で Windows XP のサポートが終了したので、おすすめできなくなってしまいました)

      2014/12/23

 - オートサーフ

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。