ネットでお得生活体験記

ネットでできるポイントサイト・お小遣い稼ぎ・副業などを紹介しています。

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。

安全に FX の取引をする方法

この記事では FX 案件に必要な取引について、
実際の図を交えながら解説しています。

ここでは GMO クリック証券を例に説明していますが、
業者によって細かに違いがあります。

利用する業者の手順を事前に確認してから始めましょう。

事前に確認しておくこと

FX のトレードを始める前に次のことを確認しておいてください。

  • 必要な資金を入金したこと。

  • 案件承認に必要なロット数。

  • 建玉一覧のページへの移動方法。

資金の入金

トレードまたは案件承認に必要な額の資金を
事前に入金しておいてください。

具体的な入金手順はここでは省略しますが、
関連記事に少し詳しく書いてあります。

FX 案件を利用してみる | ネットでお得生活体験記
ここでは、 『GMOクリック証券』を例に取り、FX 口座開設案件の申し込み手順を解説しています。他の FX 業者でもおおまかな手順は同じですが、念のため、それぞれの業者の手順を調べるようにしてください。本人確認書類を準備するFX の口座を開設するためには、次のいずれかの本人確認書類が必要になります。運転免許証のコピー健康保険証のコピー住民基本台帳カードのコピー住民票の写しカメラで撮影してブラウザ上から書類を送信できる業者が多いので、免許証や保険証が手元にある人は 紙のコピーを取っておく必要はありません。ただ...

今回は『10 万円以上の入金で承認』という条件だと仮定します。

承認に必要なロット数の確認

FX 案件によって承認に必要な取引のロット数が異なりますので、
事前に確認しておいてください。

ロット数は 1 ~ 5 程度が多いと思いますが、
10 ロット以上が条件の案件もあります。

今回は『1 ロット以上の取引で承認』という条件だと仮定します。

建玉一覧のページへの移動方法

買いのトレードをしたら即座に返済注文を発注しなくてはいけませんが、
返済注文は建玉一覧のページから出すことになります。

建玉一覧のページへの行き方が分からず
右往左往しているうちに損失が拡大するという可能性があるため、
事前に移動方法を確認しておく必要があります。

FX 業者によって移動方法は異なるため、
過去に FX 案件を利用したことのある人でも
必ず確認しておいてください。

GMO クリック証券の場合には、
まず上部の『FXneo』をクリックしたあと、
その下にある『建玉一覧』をクリックすることで
建玉一覧のページへ移動できます。

FX 口座への資金の振替

では、ここから実際のトレードの手順を追っていきます。

FX 業者によって違いはありますが、
FX 以外にも株や先物などを扱っている業者の場合、
その業者内で株用の口座・先物用の口座という具合に
口座が分かれています。

株用の口座にいくら資金を入れてあっても
FX の取引はできないので、
まず初めに FX 用の口座に資金を移動する必要があります。
この手続きを『振替』と呼びます。

FX しか扱っていない業者や
FX 専用口座を開設した場合などは、
初めから FX 口座に資金が入っていることになります。
その場合には、この章は飛ばしてください。

各口座の残高確認

まず、各口座の残高を確認してみましょう。

GMO クリック証券の場合、
FXneo のトップページ中程にある『入出金・振替』をクリックすると、
各口座の残高が確認できるようになっています。

僕の場合、各口座の残高は下図のようになっていました。
『証券取引口座』に 10 万円ありますが、
『FX ネオ』の口座には 1 円も入っていないことが分かります。
(CFD 口座の残高は気にしないでください)>>

これから FX の取引をするわけですから、
『証券取引口座』から『FX ネオ取引口座』に
10 万円を振替しましょう。

振替元に『証券取引口座』、
振替先に『FX ネオ取引口座』を選択し、
振替金額 10 万円を入力してから
『確認画面へ』のボタンを押し、
手続きを進めます。

これで振替は完了です。

FX 口座の残高確認

トレードをする前に、
FX 口座に資金が入っていること確認します。

GMO クリック証券の場合、
ページ上部の『余力確認』をクリックすると、
現在入金されている金額が表示されます。

表示された『余力』の数字が、
入金した金額と同じになっていれば OK です。

さきほど 10 万円を FX 口座に振替したので、
下図のように『余力 10 万円』と表示されています。

現在のスプレッドを確認する

FX のトップページを開いたら、
まずは USD/JPY の現在のスプレッドを確認してください。
多くの業者ではトップページにレート一覧が
表示されているはずです。

GMO クリック証券の場合、FX のトップページに
複数のレートが下図のように表示されています。
USD/JPY の現在のスプレッドは 0.003 円でした。

GMO クリック証券では、
USD/JPY のスプレッドを 0.003 円(0.3 銭)と謳っていますから、
現在のスプレッドは問題ないということになります。

もし、0.005 円やそれ以上のスプレッドがあった場合、
取引に不利な状況ですから、後日出直しましょう。

買い注文を出す

では、いよいよ買い注文を発注してみます。

GMO クリック証券での手順は次の通りです。
業者によって細かな部分は異なりますが、
大まかな手順は一緒です。

  1. 上部メニューから『新規注文』をクリックする。

  2. 注文タイプを『成行』になっていることを確認する。

  3. 取引する通貨ペアを『USD/JPY』にする。

  4. 取引数量(ロット)を 1 にする。

  5. 『買』ボタンを押し、買い注文を発注する。

通貨の選び方

GMO クリック証券の場合、
注文画面で取引する通貨を選択しましたが、
表示されているレートの横にある注文ボタンを押すことで、
取引通貨をわざわざ選択しなくてもいい業者もあります。

特に取引画面は業者によって細かい違いがあるので、
慎重に入力しましょう。

ロットの入力

1 ロットは 10,000 通貨ですが、
GMO クリック証券では後ろに『× 10,000』と書かれているため、
『1』とだけ入力すれば OK です。

間違って『10,000』と入力しないように注意してください。
もっとも、10 万円の資金では
10,000 ロットの注文を出すことはできませんが。

注文タイプの設定

FX の注文には成行・指値・IFD・OCO など様々ありますが、
『成行(なりゆき)』を選択するようにしてください。

他のタイプだと、
発注した注文の売買が成立するとは限らないからです。

建玉を確認する

さっき出した買い注文の売買が成立しているかどうかを
建玉一覧のページで確認します。

売買が成立していれば、
下図のように建玉(保持している通貨)の情報が表示されます。

情報はいくつか省略していますが、読み方は次の通りです。

  • USD/JPY を買って保持している。

  • 保持している量は 10,000 USD (約 119 万円分)

  • 1 USD あたり 118.707 円で購入した。

  • 現在のレートは 118.705 と少し下がっている。

  • いま返済すると 20 円の損失が発生することになる。

返済注文を出す

次に、即座に返済注文を出して、
保持している通貨をなくす必要があります。

上の『建玉を確認する』に載せた図の
右端にある『決済』をクリックし、
返済注文を発注します。
具体的な手順は次の通りです。

  1. 取引数量が買った時のロット数と一致していることを確認する。

  2. 評価損益を見る。

  3. 注文タイプが『成行』になっていることを確認する。

  4. 発注。

損益について

建玉を確認した時点では評価損益が -20 円だったのですが、
スクリーンショットを撮っているうちにレートが上がって、
いつの間にかプラス 220 円になっていました。

利益になったのは嬉しいのですが、
通常なら数十円程度の損失になるはずなので、
取引例の記事としては微妙な感じになってしまいました。

本来なら、返済注文の画面でも 10 ~ 500 円程度の損失と
表示されることが多いはずです。

仮に 150 円の損失が出たとしても、
この案件で 5,000 円分のポイントを獲得できるため、
トータルでは 4,850 円の利益になります。

結果を確認する

最後に、建玉(保持している通貨)がなくなっていることを確認します。

正しく決済されていると、
下記のように建玉一覧のページで建玉は表示されません。

また、FX 口座の残高が変化していることも確認しておきましょう。
今回は図らずも 220 円の利益になったため
残高が 100,220 円になっていますが、
多くの場合 99,900 円台になっていると思います。

念のため、もう 1, 2 度、保持している通貨がないことを
建玉一覧で確認したら取引終了です。

もし建玉を残したままログアウトしてしまうと、
見てないうちに大きな損失が発生する可能性があるので、
念には念を入れます。

      2017/09/02

 - 無料案件

これまでに僕が実践・研究してきたネット稼ぎの方法をまとめました。